〜妊娠中のみなさんへ〜

快適なマタニティライフと安産に向けて^^

>>患者さんの声はこちら


友だち追加

素敵な楽しい嬉しいマタニティライフを送るつもりだった、

 

けど、

 

  • 腰が痛い、
  • 背中が痛い、
  • お腹が張る、
  • 便秘がちになっている、
  • つわりが苦しい、
  • 胃がもたれる、
  • むくみがつよい、
  • 逆子が心配、
  • 恥骨が痛い、
  • 尿漏れがする、
  • 手足が冷える、
  • 股関節が痛い、
  • 腰が抜けそうになる、
  • 坐骨神経痛のような痛みがある、  etc

 

 

 

「こんなはずじゃなかった、、」

 

 

そう思っているみなさん

 

より快適なマタニティライフを送るためにも、、、

 

赤ちゃんにとって、より快適なお身体になるためにも、、、

 

60分時間を作って、来られませんか??

 

ママと赤ちゃんの幸せのために、より快適で楽しいマタニティライフを送ることは、とっても大事な事なんです

  赤ちゃんはへその緒(臍帯)を通じて、お母さんの血液が送られ、その血液から酸素と栄養をもらって成長します。

 

そのため、お母さんが痛みやきつさ、肉体的ストレスや精神的ストレスを感じていると、

母体の血管が狭くなってしまい血流が低下します。

 

その結果、赤ちゃんに届く血流も下がります。

 

言い換えると、、、

 

 

「お母さんができるだけリラックスしている状態」は血管が狭くならず血流が良く、赤ちゃんにとっても良い状態」

 

です。

 

お母さんの「リラックスした快適で楽しい生活」が、

なにより赤ちゃんのためになっています。

 

同じことを繰り返しています笑

 

ですが、それくらい大切な事です。

お母さんと赤ちゃんはとっても密接なんです。

 

リラックスすると、血流はお腹がまるくやわらかくなります。

つきたてのおもちのように^^

 

  

その結果、

 

 

赤ちゃんに酸素と栄養がたくさん運ばれて、

きっと快適な胎児ライフになることでしょう!!

 

(赤ちゃんがしゃべってくれたらいいんですけどね・・・笑)

【施術内容】

 

施術は整体とはりきゅうを組み合わせて行います。

どうしてもはりやお灸が苦手・怖い方は遠慮なくおっしゃってください。

無理に刺す事はしませんので^^

その場合は整体のみで対応いたします。

 

【はりきゅう】

はりやおきゅうは、肘から先・膝から下・背中がメインです。

お腹にはりをする事はないのでご安心ください。

 

【整体】

整体は骨をぼきぼき鳴らすような力強く押すような事は一切しません。

ゆらしたり、ひっぱったり、軽くさすったり、伸ばしたりとソフトな刺激を加えて全身のバランスを整えていきます。

 

最後にセルフケアや日常生活で注意していただきたい事をお伝えしています。

 

 

逆子(施術前)

お腹が硬く、形もいびつです。

おへそ横のつっぱり具合や、下腹にできる線から硬さが見て取れます。

ふくらみの中心がお臍の下にあります。

つまり、お腹が下に下がっています。

逆子(施術後)

お腹のふくらみの中心がお臍の高さに来ており、

柔らかく形も大きくまん丸くなっています。

こうなると、赤ちゃんが動ける空間が増え、逆子も回りやすくなります。

*この翌週、逆子は返りました。

 

 

*施術の変化には個人差がありますので、ご参考にご覧ください。

施術前:下腹がでている、下がり気味のお腹(妊娠5ヶ月)

施術後:下腹のでっぱりがなくなり、下腹にかかる重さも軽減。姿勢も良くなる。

詳細な報告はこちらのブログをお読みください。

 

 

 

 

 

*施術の変化には個人差がありますので、ご参考にご覧ください。

施術前:足のむくみ

施術後:足のむくみ

 

 

 

 

 

 

 

 

*施術の変化には個人差がありますので、ご参考にご覧ください。

【施術料金】

施術料金 5,000円(税別)*初回のみ初検料として別途2,000円(税別)いただきます。

 

【施術回数】

 

施術を受ける間隔としては、適切な間隔をお伝えさせていただきますが、

およそ

 

安定期〜31週:2週間に1回

32週〜:1週間に1回

程度の頻度を目安とされてください。

*ぎっくり腰など現在痛みの程度が強い場合など、場合によっては週数にかかわらず、短い間隔をお伝えする事もあります。

 

*安定期以前のつわりなども対応いたしますので、疑問に思われた事はなんでも、一度ご相談ください。

*逆子の治療に関しては、できるだけ週数が早い段階でこられてください。赤ちゃんが小さい方が返りやすいです。

(当院では、1〜3回の施術の間に8〜9割の確率で頭位に返っています)

 

逆子など現在の痛みやお悩みが解決したあとも、ママと赤ちゃんの元気と幸せのために、そして安産のために、来院される事をおすすめします。

 

分娩時間の短縮や、妊娠線の予防にもお手伝いできます。

 

*施術の際は、母子手帳を必ずお持ちください


お母さんの体の状態はお母さんだけのものでなく、赤ちゃんと同調しています。

 

ご自身のためにも、赤ちゃんのためにも、

 

我慢ばかりせず、楽にリラックスしましょう!

 

そのためのお手伝いは全力でさせていただきます!!


*臨月前のみなさんへ

「不快感なく過ごしてある」という方も一つだけ確認してみてください。

 

ご自身のお腹が「もっとも前に出ている場所の高さ」と「形」です。

下記の施術後の写真のように、全体がまん丸でおへそあたりがもっとも前に出ていて欲しいのですが、おへその下(下腹部)だけが前に突き出している方を多く見かけます。

その場合は一度ご相談ください。

(お腹の出方は、週数にもよりますので、臨月に入る前の方はご確認ください)

<施術例> *施術の変化には個人差がありますので、ご参考にご覧ください。

逆子(施術前)

お腹が硬く、形もいびつです。

おへそ横のつっぱり具合や、下腹にできる線から硬さが見て取れます。

ふくらみの中心がお臍の下にあります。

つまり、お腹が下に下がっています。

逆子(施術後)

お腹のふくらみの中心がお臍の高さに来ており、

柔らかく形も大きくまん丸くなっています。

こうなると、赤ちゃんが動ける空間が増え、逆子も回りやすくなります。

*この翌週、逆子は返りました。


<施術例2> 詳細な報告はこちらのブログを、お読みください。

*施術の変化には個人差がありますので、ご参考にご覧ください。

施術前:下腹がでている、下がり気味のお腹(妊娠5ヶ月)

施術後:下腹のでっぱりがなくなり、下腹にかかる重さも軽減。姿勢も良くなる。

詳細な報告はこちらのブログをお読みください。